あかりに招かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS はまってしまった

<<   作成日時 : 2016/03/30 00:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前回のブログを書いた翌日、
息子が「これ面白いで」と『キングダム』(原泰久/作)1〜21巻を持ってきてくれました。秦の始皇帝が中華統一をするまでの話で
人の名前も覚えられないけど古代中国史は好きなので、読みたいとは思うのですが仕事があって氣持ちが落ち着かず、そのままにしていたら3日ほどして息子から「どうやった?」と電話が
こりゃイカンと氣合いをいれて読みだしたら、面白いぢゃないのぉ〜

一日で13冊読み翌日に5冊、と読んでいたら目がショボショボして辛い
昔は24時間読めていたのに。。。。と少しガクゼンとしたけど、そんな事よりも先へ読み進みたくて
21冊を読み終えて息子に≪前線より本陣へ 至急21巻以降を送られたし≫
とメールを送り、その晩に41巻(以下続刊)までを持って来てもらいドキドキワクワク&涙+くすっ♪としながら読みました

私は戦場のシーンが苦手で、文章でも映像でも画でも出来るなら目にしたくないと思っているのですが、5巻目ぐらいで戦場のシーンもしっかり目で追っていることに氣がつきました。

何故だろう?と立ち止まって考えてみると、
戦っている人たち一人ひとりの命を大切に思われているのが感じられるからだな。と思い、益々『キングダム』に惚れてしまいました。
あとね、体と頭を使った内容の濃いボクシングの試合のようにも感じられます。

一人ひとりの人間にはその人に至るまでに沢山の先祖がいた事や、言葉の使い方、心の持ち方などいたる箇所で、これはまさに21世紀の作風だと感心しながら読みました

今すごく読まれている本らしいですが、もっともっと沢山の人に
「信頼」や「尊敬」、そして「愛」など大きな影響を与えていってほしいです

原泰久先生、上手いッ!『はじめの一歩』を描いている森川ジョージ先生に次いで二人目だな、先生と呼ぶ男性漫画家は フッフッフッ。

ま、そんな風でねブログに手が出せなかったのです(秘)

おかげで書くことが色々たまってます(^_^;)

今日は「名前のことだま」の山下弘司先生の、スカイプを使った研究科に初参加しました。
基礎の基礎編を改めて伺い、自分の仕事と使命を再確認しました

学ぶって本当に大事ですね。
たとえ大切な事を知っていたとしても、それだけに寄って立っていると惰性に陥り進化の足を止めてしまうと思います。

今日は久しぶりで背筋がピンと伸びました。
山下先生有難うございました<m(__)m>

スカイプ研究科のあとは、4月3日の舞の本番に向けてヘアマニュキュアをしに、はな美容室さんへ行ってきました
マニュキュア後シャンプーをしてもらうと、頭皮がずいぶん固くなってますが???と聞かれたので、あ、それは漫画の読み過ぎで、、、^_^;
と、また『キングダム』の話をしながら、頭をマッサージしてもらいました
頭の後ろの目のツボは痛氣持ち良くて、首筋はガンガンに張ってました
でも私、言われなかったらきっと氣づかず体が硬いままで過ごしてました。
本番にも大きく影響したと思います
氣づかせてくれて有難う、まどかちゃん

次こそは仕事の話を書く、、、、はず、、、です  



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私もそんなに面白いと思う
キングダム読んでみます。

秦の始皇帝のマンガは横山光輝などたくさんの
漫画家が描いていますが、キングダムはまた違った
視点で書かれているのですね。

日本神話もいろんな方が説明していますが
名前で紐解く日本の神さまの神話講座も
キングダムのように多くの人に共感と感動を
与えるものにしていきたいものです。
ことだま教師
2016/03/30 08:46
山下先生、コメント有難うございます<m(__)m>
スカイプだけでなく研究科に参加するのが久し振りでしたが、学びの場があるというのは本当に有難いです。

「名前のことだま」も「神話講座」も、沢山の方にお伝えできるように頑張ります。

「キングダム」はまりますよぉ
よっこ
2016/03/30 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
はまってしまった あかりに招かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる