あかりに招かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 偶然って・・・♪

<<   作成日時 : 2016/11/08 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

9月は父が急性肺炎で20日ほど入院していました

ある日急に歩けなくなり熱がどんどん上がっていったので救急車を呼んで、以前白内障で入院をした病院に診察をお願いしました。
色々と検査をして先生から結果を伺い、だいたい話が終わった頃に看護師さんが「33歳男性が救急搬送されます」と告げに来られたので、また廊下に出て部屋に移動する父を待っていました。

少しすると処置室のカーテンが開き、看護師さんが顔を出して「塩田さん。。。ですよね?」と聞かれます。
ドキドキしながら「はい、そうですが・・・」と答えると、「塩田〇也さんは、あの?」と突然息子の名前をだすので「???息子ですが」と返事をすると

「あ〜、やはりそうですか。あの、奥のベッドにいらっしゃるので、奥にどうぞ」
 っえぇ 急いで入っていったら父の隣に息子が寝てました(^_^;)
(33歳男性って息子のことだったのね☆★☆ 後で一人で笑っちまいました♪)

息子も病院に運ばれて、カーテンの向こう側から「實○ 茂〇郎さん、90歳」という声を聞いて、このレアな名前と年齢はじぃちゃんに間違いないと思い、看護師さんにカーテンを開けてほしいと頼むと、何故?と不信がられたので「多分僕の祖父だと思います」と言うと、その場に居た皆さんの反響がどえらい大きかったそうです(^_^;)

カーテンを開けてもらって父に向かって「やぁ、じ〜ちゃん」と声をかけると、(この時はまだ体調悪くて[結局ウィルス性の腸炎でした]大きな声が出ませんでした)「???おぅ」と手を挙げて応えたそうです  

看護師さんたちも、こんな経験したことないわぁと興奮されてました。あはは・・・

「そういえば去年白内障の手術で入院をした時は、ひなが敗血症で入院してたなぁ」と相方が思い出し、じーちゃん、どんだけ淋しがり屋さんなんや〜、とみんなで大笑いしました。


父は肺炎が落ち着いてくると次は肝機能の数値が高くなり、結局20日間入院していました。
デイサービスの方がお見舞いに来てくださったのでお礼の電話を入れると、
「それがね、デイに通っていらっしゃる方でもう一人同じ病院に入院されたので、そちらにも顔を出そうと思って行ったら、なんと同じ部屋で!
實○さんとカーテン挟んで向かいのベッドだったんですよ。実はデイでも2人はテーブル挟んでちょうど向かい合わせに座ってらっしゃるのでビックリしました!こんな偶然ってあるんですねぇ」と教えてくださって、またまたビックリです。
今回の入院は、偶然のオモシロさ満載でございました(^_-)-☆

おかげさまで父はすっかり元氣になり、毎日楽しくデイサービスに通っています。

ありがたや〜  







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
偶然って・・・♪ あかりに招かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる