あかりに招かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 「隼紀会」と「夏の舞の会」

<<   作成日時 : 2017/04/19 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日(17日)は夕方に日本橋へ、【かづら合わせ】に行ってきました。

昨年に続き今年も、
山村若佐紀先生が主催される「舞の会」に出演させて頂く予定なのです

私は頭が絶壁な上に、脳ミソが詰まっていないのでくすん。。。幼稚園児並みの小さな頭なのですヨ

むかし劇団にいた頃は、結髪さんに教えてもらって小さな座布団を作って頭の上に置き、その上から羽二重を巻いて人並みの頭の大きさにしていました(^_^;)

でもかづら屋さんは、さすが餅は餅屋!プロの職人さん 心配はご無用でございました
昨年は沢山のかづら箱の中から一つ目星をつけ、頭に合わせてくださったらピッタリです

念のため他のかづらも2〜3合わせてくださいましたが、最初のがピッタリで
重くもなく、痛くもなく、安心感満載でございます。うふふ〜

なので今年は何の心配もなく、「かづら合わせ」に伺いました。

若佐紀お師匠さま、若隼紀師匠、本日はお世話になりまして有難うございました<m(__)m>

昨年の藤娘の若い娘さんの格好から一転、今年は芸者姿になるそうです
「若い芸者さんになりますなぁ  よろしいでっせ」と若佐紀お師匠さまに声をかけて頂き、イヤ若くは無いのです と心の中で言い訳しながらお礼を申し上げました(秘)(^_^;)

羽二重をはずして、いつものスッピンの私の様子を見ながら
「こないして見たらかづらが合うんやろか?と氣になりますのに、合わせてみたら、よう似合うてはりますわ。不思議ですなぁ」

いいなぁ〜♪ このおっとりと話される、なにわ言葉  と思いながらも、

そ、そうですか^_^;  あ、ありがとうございます^_^; 
と、落ち着きなく返事する挙動不審者のよっこでありました^_^;

と、「舞の会」の話しも大切ですが、その前にお知らせしたい舞台があります。

5月6日(土)14:30より大阪の淀屋橋にある『大阪倶楽部』で、私がお稽古をしている地唄舞の「隼紀会 十周年記念の会」があります。

私が師事している山村若隼紀師匠が門下生に発表の場を。と開催してくださっていた会が、今年10周年を迎えました。
いつもは門人一同の会なのですが、今年は記念の会なのでお客様にご鑑賞いただく事になりました。

もしご都合が合われましたら、入場無料ですのでお散歩がてら淀屋橋までお出かけくださいませ

大阪倶楽部は大正13年(1924)に建てられ、今では「大阪の近代名建築」の一つと言われ、現在は国の有形文化財の指定を受けている会館です。

レトロな雰囲気を漂わせた会館の中で、江戸時代から続く上方舞を楽しむ半日は如何でしょう?

当日は地唄(じうた)演奏家の菊央 雄司師匠が賛助出演してくださり、最後の演目は菊央師匠の地唄に若隼紀師匠の舞という、何とも豪華な舞台です

お二人とも『咲くやこの花賞』を受賞された、今一番旬な邦楽界のホープです

私は未だに振りが定まらず、だんだん若隼紀師匠と目を合わせづらくなっている今日この頃でありますが
とにかく本番当日は笑顔でお客様をお迎えできるように頑張ります
画像


ゴールデンウィーク真っ最中なので、皆さん色々予定がお有りでしょうが、
日時にご都合がつくという方や、邦楽や和ものに興味があるという方は

5月6日(土)は、ぜひ大阪倶楽部へお越しくださいませ〜〜  








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「隼紀会」と「夏の舞の会」 あかりに招かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる