「そ~めん流し」と「舞の会」の一日

昨日は港子ども劇場毎夏の恒例「そ~めん流し」でした。

今は駐車場になりましたが、以前事務所をお借りしていた場所前に公園があり、
・子どものフリーマーケット「ふろしき市」
・子どもが店主になり色々な遊びのお店を出す「あそび市」
・公園を使った「ゲーム大会」 等々有効に使っている中で、
地域の方も楽しみに待ってくださっている「そ~めん流し」←チョットチガウ^^;

公園近くの保育所に通う会員かりちゃんの依頼を受け、今年の5月に保育所に「おはなし会」をしに行ったご縁もあり、沢山の親子連れ参加で今年も大盛況

すべり台の斜め下に長机を置き、すべり台と長机を台にして雨どい1本を乗せ固定させます。
食べるのもいいのですが、流すのがオモシロイ

30分ほど全員でゲームをしてお腹を空かせてから、いよいよそ~めん流しへ。
ワーワー、キャーキャーとはしゃいで食べ、食べ終わった子どもたちは早速滑り台の上にあがって、流し係となり大人が食べる番です

私たちは最初は笑って食べているのですが
「いっくよ~♪」の声と一緒に、次々と容赦なく流されてくるそ~めんは次第に凶器に見えてきます

ビールとそ~めんで拷問のようにふくれたおなか★★★ くすん。

でも、やっぱり「そ~めん流し」はやめられません

他劇場の青年が毎年助っ人参加をして、私たちをフォローしてくれ感謝です
また遊びにきてくれる他劇場の方と、夏の夜に劇場交流をするのも楽しみです

夏はそうめんを頂くことがあるので、あちこち声をかけて寄付してもらいます
花火や食材の買出し、当日はそ~めんをゆがき、おにぎりを握り、ウィンナを炒め、お茶の用意・・・・と、お昼前からみんなで動きます。行事に関わって創りあげ堪能するのが劇場の醍醐味 やめられませんなぁ~


さて、「そ~めん流し」は元々は9月4日の予定だったのが、色々な条件が重なって8月28日に

8月28日は、私の師匠が「上方舞夏の会」に出られる日
今年はゆっくり最後まで拝見しますね~。と言っていたのに、どうする

みんなには、そ~めん流しの準備には参加出来ないけど、なるべく急いで帰るね、と伝えておきました。
朝、メールで事務局長と打合せをした時に、一番最後に

仁美ちゃんのお早いお帰りをまってます  の一行に胸キュン
↑劇場では仁美ちゃんと呼ばれています。
は~~帰る家があるっていいな~~

師匠のお手伝いを終え、港区へすっ飛んで帰りました

師匠のお手伝い・・・・・・終演後背中の白塗りを落とすお役目です

落としていたら、他の出演者の方から「若隼紀さんのお弟子さん?落としやさんの仕事されてるの?上手に落とされるねぇ、気持ち良さそうやし・・・私もやってもらいたいわ」とリクエスト頂き、させていただきました^^;


充実の一日の締めくくりは港子ども劇場での打上げ
みんなから「サイフ持ってるかッ?」「ケータイはどこにあるっ!」と再々聞かれながら・・・・・・チェッ・・・・・・
傷ついたピュアなハートをいたわりつつ楽しく飲み食いし11時半には帰宅致しました


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック