今日は例会

もうスグ府連の全体会(総会)
27日に印刷をするので、今原稿の最終確認やってます。。。。。
ちゅうか、主に決算ね^^;

ここ数日アタフタと過ごしているのですが、
例会だもン  行かなくっちゃネ
今は一会員なので、開場に間に合うように行けばいいのです

      で、今日は港子ども劇場単独の高学年例会 『子ども寄席』
画像


港近隣センターの会議室が見事、演芸場『近隣亭』に変身しました。

『子ども寄席』の字、安定してて素敵です

開場時から高学年男子2人がマナーカードを持って舞台前に立っています。
開演前には、客席へ「携帯の電源を切ってください。」と声かけ

以前忍者の例会の時にも感心したんだけど
男子はやる時はヤルんだよなぁ

プレゼントを渡すのに「こんな風にやろうと思うから頼む!」と伝えると、
最年長のきぃやんが「こんなヤツやな」と言いながら見本を示す
私が口で説明するより、よっぽど上手にみんなにイメージを伝えてくれる
1つ下のりょうたは下の学年の子たちに、「しっかり聞いとけよ!」とサポート
あれは感動だったな

今回のマナー係は、りょうた&たけと。
テレずにしっかり喋ってえらかったよ、二人とも


今回の出演は、
桂佐ん吉さんと林家市桜(いちろう)さんのお二人に下座音楽担当の薫子さん。

入れ込みの太鼓と三味線が鳴り、先ずは佐ん吉さんが登場。落語の事を子どもだちに色々と教えてくださる。
市桜さんを高座に上げ、着物の説明から始まったのは良かったなぁ、うん。
身体の真ん中にある、この幅の広いヒモはナンでしょう???
答えは帯ですが、子どもからは「ベルト!」の声が
普段身の回りに、着物って見ないもんねアハハ・・・

説明と身振りの呼吸が合っていて、みんなの緊張が次第にほぐれていき客席は
「落語カモ~ン」って感じに盛り上がった時、お囃子にのって市桜さん登場♪
お若いのになんだか江戸時代っぽい雰囲気があって、達者な喋りで「時うどん」を聞かせてくれました。

            トリ (2人やけど^^; ) は佐ん吉さん
画像


上方落語特有の鳴り物や見台(けんだい)小拍子(こびょうし)を巧みに使った
「七度狐」に子どもたちはドキドキゲラゲラ

子どもたちを前にして語るお二人に感じたのは《誠意》でした 
益々勉強・修行を重ねられるだろうお二人の、今後の成長が楽しみです
あ、ちなみに佐ん吉さんは港区出身なんですって

運営のみなさん、今回も楽しい例会をありがとうございました


帰りは相方と本屋さんに寄り、早めの夕食を食べにお蕎麦屋さんに入り、息子の家に寄って心夢ちゃんと遊び、
帰宅して録画していたビフォーアフターを見て、、、、、



さ、資料確認に戻ります~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック