書きたくなったので(^_^;)

先日録画してた、片岡仁左衛門さんのDVDを食事しながら見ていました。
素敵だった~

和事も荒事も出来て、しゅっとしてて、愛嬌があって、品が良くて、
あ、関西では様子がいい(かっこいい)ことを「しゅっとしてる」って言います

心を込めて芝居をする。ってよく言うけど、観ていると
自分の氣持ちを芝居に込める人が多いように思います。。。。

私は演劇は、芝居をしっかり組み立てて、見る側に全部渡せるように創ってほしいと思ってます。
組み立てがしっかりしているからこそ、観客はイメージをよりふくらませる事が出来るのだから

仁左衛門さんの芝居って、
しっかり組み立てられた上に遊び心があるから好きです

最近、薪車さんが仁左衛門さんと差しで芝居される場面が増えてきました
しっかり勉強して、
仁左衛門さんの芝居作りをどんどん吸収していってほしいです


すみません なんか久しぶりで、芝居に向き合ってるって思える役者さんを見たので興奮してしまいました(^_^;)


あと、もうひとつ書きたいことが・・・・

私の小学校の時の恩師が仁左衛門さんに少し似ていました。
昨年、まだ60代の若さで亡くなられて、私は思いのほかショックを受けました。
現在の私の核になる部分は、先生に出会ったから出来た
と言っても過言ではないほど、お世話になり影響を受けていたんだなぁ。。。
と亡くなられてから氣づきました。

同窓会も先生がいらしたから開きたかったんだな~って氣づいたし
正直こんなにショックを受けるとは思ってもみなかったのです。

お名前を義男さんとおっしゃいますが、報せを聞いてから半年ほどパソコンに自分の名前を書く度に、よしこと打つのをどうしてだか「よしお」と打ってしまい、
おまけに指がすぐ変換キーを押してしまうのです。すると必ず「義男」と出てきて、、一人で動揺してました

今はもう大丈夫。


仁左衛門丈を拝見していて、先生を思い出せたのが、
少し悲しくて嬉しかったです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック