やっぱりね~♪♪

今日は午前と夜に嬉しい行事が2つありました

午前中は大阪府おやこ劇場連絡会主催の講演会。
劇作家のふじたあさやさんをお迎えして「子どもが演劇で育つために」と題してお話を伺い、久しぶりに生(ライブ)の刺激を受けました。

日本の教育システムは「数式を覚える・文法を覚える・出来事を覚える」など、
記憶すること=学力 とみなしている。

つまり
測るものでしか測らないのが日本の教育なので、測った結果によって人を選別していき人間にレッテルを貼っている。

これでいいですか?と必ず正解を確認し、教えられたとおりにするのが正しい
という「正しいのが全て正解」という認識。

今は言葉遣いを身につける事が社会人として認められたと思われているが
これは江戸時代の寺子屋で読み書き算盤が生きていくのに必要と思われていた頃と何ら変わらず、結局

『心の中にいまだに江戸時代を抱えている』のが今の教育の根本にある。
という言葉を、興味深く聞きました。


演劇を見て、語り合うことは
「自分ならどうする?」と問いかけ、自分の言葉で話すことにつながる

今の社会の中では叱られることに慣れている・褒められることを拒否している
と聞くにつれ、21世紀になっても今の日本の社会の中では、各人が生まれ持った本能や本質をゆがめて育っているんだなあ。。。と少し暗くなりましたが

『表現には点数がない』という言葉に勇氣が復活☆☆☆
ヴァーチューズ・プロジェクトを知ってもらい、自分を認める一助にしてもらいたい!と強く思いました。
演劇的活用を、もっと自由に取り入れられるように工夫をしてみよう



夜は初節句のお祝いで
画像
おひなちゃん家に、嫁ちゃまの実家と我が家と三家族で集まりました

じじばば4人は、子どもたちの保育所の父兄仲間だし同世代なので
いつもゲラゲラ笑いながら、楽しく話が弾みます
帰り道はいつも4人で「ありがたいよね~こんなふうに会えて」と話してます

人と関わることは時として辛い時もありますが、人と関わるからこそ!幸せを感じられます。

自己満足と幸せは、似てるけど違うモノ。

子ども劇場・おやこ劇場での例会や自主活動は、人が育つ活動なので
互いの美徳を承認しあい、もっともっと喜びを深めあって、
自信を持って活動していってくださいね~




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック