一週間のあれこれ その①

先週の水曜日は「内なる美徳を呼び起こすワークショップ①」でした。
今週の水曜日は発芽*レイキアカデミー主催の「レイキ1dayセミナー」です。
「美徳」も「レイキ」もお伝え出来て、本当に有難く嬉しいです

先週の水曜日セミナー後に、友人夫婦と我が家の二人で食事をしました
充実したセミナーの後に待っていた、楽しい会話と美味しい食事
これまた幸せでした~~ 相方もえらくノリノリで話してました(*^^)v

年齢がほぼ同じなので、過ごした時代に共通のものがあるからでしょうね
上品な話から、*□#◆%▽$な話(←コラコラどんな話や(^_^;) ) まで、
氣がついたらアッという間の4時間でした
来月も会おうね♪と約束して  楽しみだな~~♪


13日(土)は山村若隼紀師匠主催の、舞の会が京都でありました
当日になって初めて、ブログで紹介していればよかったと氣がつきました★

私は若隼紀師匠のご自宅の稽古場に通っておりますが、今年から新たに京都でも個人のお稽古が始まりました。(今まではカルチャーセンターでの集団稽古でした)
今回、開講を記念して「上方の舞と唄」が開催されました

稽古場は、落語発祥の寺、芸道上達の寺、として名を馳せている誓願寺さん
ここは謡曲「誓願寺」(作/世阿弥)として謡われ、和泉式部や清少納言とも縁が深く、和泉式部は芸能の観音様として祀られていらっしゃるとか。。。。
京阪三条駅から徒歩10分弱で、商店街の中の通いやすそうな場所でした

この日は敷地内にある誓願寺会館で、はんなりしっとりと会が進行しました

耳をとろけさせる良い声と ピーンと張った三味線の音色に聞き惚れる
菊央雄司さんの地唄に乗せて舞われる師匠の、なんと美しかったこと・・・・
画像
あぁ、、、、、今頃宣伝したってどうしようもないんだって(>_<。)

今回は、上方文化評論家の福井栄一さんが
上方舞や誓願寺さん、そして演目について丁寧な解説をしてくださったので、上方舞を習う私たちにも大変勉強になりました

自分で着物を着て京都に行くのも嬉しい経験でしたし、スタッフをしたのも久し振りで楽しかったです。
私はやっぱり舞台に関わることが好きなんだな~


師匠の舞姿を目にすると、自分の舞がロボットのように感じまする
私は来年の隼紀会(おさらい会)では「縁の綱(えんのつな)」という、女の情念たぁ~っぷりのものを舞います。
師匠のいる高みを目指してがんばろうっと 






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック