第八回「隼紀会」

昨日は「第八回隼紀会」が開催されました。
義父の事がありましたが、若隼紀師匠以外一門の皆さんにはお伝えしていないのと、出演する前提でお稽古をつけてくださっている師匠に感謝して
出演させて頂きました

で、
心斎橋にある「はな美容室」さんで綺麗に作ってもらいました~~\(^o^)/
画像
さすがプロの腕前でございます
下世話な話でございますが(^_^;)
この髪のセットと着付けと化粧で、定休日価格7千円でございますの
(定休日は当然お休みですが、友人の紹介で無理をきいてもらいました)

月~土の営業をされている日でしたら、上記価格が5千5百円なのです
今月はお友達が土曜日にあるパティーに参加するので「はな」さんをご紹介しました。仕上がりの写真を見せてもらうのが楽しみです~♪

さて、隼紀会での私の演目は地唄舞「縁の綱」。
綱吉公の側室で可愛がってもらっていたのに、他の若い娘に氣が移り辛く怒りの氣持ちを抱えていたけど、氣を取り直し出雲へお参りし縁がつながっている事を自分に言い聞かせて現状を受け入れようとする、女の氣持ちをしっとりと品よく舞います。

しっとりと、品よく、ですよ、奥さん ここは一つ愛想笑いでごまかして
画像
歳の功と度胸で乗り切ってきました(*^^)v

2月は結局1回しかお稽古出来ず、どうなることかと思いましたが・・・・
イメージトレーニングで脳内を成功に導き、踏み台昇降で足腰を鍛えて
なんとか無事に舞い終えることが出来ました

舞い終わったらお顔も緊張が解けてホッとしています
画像


舞ってみて改めて、上方舞(地唄舞)のしっとりとした品の良い世界が好きになり、表現する喜びが増しました。
この年になって、ようやく不必要なテレが無くなったのかなぁ。。。。

皆さんも、雰囲気良く美しく舞われていて「継続は力なり」を実感しました

会の締めに舞われた、若隼紀師匠の「松の緑」は司会役の特権で舞台の下、
かぶりつきで拝見し、表現もさることながら、足さばきの美しさに見惚れ、師匠に惚れ直しました

うふふ~ ツーショットでございますぅ
画像



同じ顔ばかり何回も出してすみまっせ~ん 
美しく作ってもらったので嬉しくて・・・・
今はいつもどおりのスッピンでボサボサ頭です(・。・;





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック