上方舞 いかがでしょう♪

先週、今月初めてのお稽古に行きましたら、七月を知らせてくれるお出迎えがDSC_0089.jpg
大阪では7月24日25日に
日本三大祭りの一つ、 天神祭があります 
その天神さんのお迎え人形が迎えてくれていました

せっかくだからお稽古場もご紹介~DSC_0090.jpg
こちらで山村若隼紀(わかはやき)師匠に教えていただいておりまする

日本舞踊や古典芸能などについて書かれた本などもありまして・・・DSC_0095.jpg
(すみません師匠勝手に少し動かしました)
私はここで見せていただいて
「日本の舞踊」(著/渡辺保)や「日本舞踊曲集成② 京舞・上方舞 編」などを自分でも購入して、勉強に勤しんでおりまする 
あ~・・・強調部分につきましては、若干事実とは異なるかもしれません

部屋の入口右手には、とても素敵な写真と絵が飾ってありますヨimage1.jpeg
今年の隼紀会の後の食事会での一葉です 
若隼紀師匠と一緒に写っていらっしゃる笑顔の素敵な方は、若隼紀師匠のお師匠様であり
私たちの大師匠である山村若佐紀お師匠様です。

私が生きている800年よりも前から上方舞を指導されていて、旭日小綬章受賞を始め文化祭賞を多数受賞されている、上方舞のレジェンドとご紹介してもよいお師匠様です

若佐紀師匠が若隼紀師匠に伝えられるのは上方舞の振りだけでなく、その舞が創られた当時の世相や人の心持ち、また行儀作法や人としての行い。
更には伝統文化を継ぐ者としての誇りなど様々なことのようです。

そして若隼紀師匠が学ばれた事を、今度は私たちに教えてくださっています

写真の上に飾ってある絵は
若佐紀師匠のお弟子さんのお嬢様が、今年1月に「雪」を舞われた若隼紀師匠の姿を描かれました。image2 - コピー.jpeg
この絵について、無断の転写・転載はしないてくださいマセm(_ _)m

舞姿はもちろんですが、立ち姿もお人形さんのように綺麗だったのですよ~
もっと沢山の方にご覧いただきたいものです

8月31日(日)には若佐紀師匠が主催される「浴衣会」が国立文楽劇場であります。
私は出演しませんが(^_^;) 
間近になったらまたお知らせしますので、ぜひ足をお運びくださいませ。
一見の価値がありますよ~~

広島でもお稽古が始まりましたので、広島方面の皆さん
そのうち私がお邪魔しに行く時に、一緒に見学に行きませんか?
こちらもまた、お知らせ致しますね

慣れない振りに馴染もうとお稽古を続けて12年目に入りました。氣がつけば、いつのまにか体の筋がゆるんできて
ナント、私には無かった筋力が付いています

これから益々年を重ねていくときに、お稽古で体のメンテナンスが出来るのが有り難いです

あとね、昨年
「仁美さんって、人を上から目線で見て失礼な喋り方するのよね。私はそれが嫌なの!」と突然言われてビックリして、、、じわじわ腹が立ってきたままお稽古に行ったことがありました。
でも師匠と向き合って稽古に集中していたら、いつのまにか腹が立っていることを忘れていたようで、帰り道にそれに氣づいて嬉しくなりました

日常の時間とは違う時間が持てる。って有り難いなぁと思いました
お稽古前後に若隼紀師匠とお喋りが出来るのも、嬉しいです
(↑あ、これはただのファン心理です)

如何でしょう? 
あなたも上方舞に、ちゃれんじ してみませんか 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント