リニューアル

昨日は「演劇フェスティバルin八尾」のオープニング作品「君がいるから」
を見てきました。

CAN青芸らしい、装置をほとんど置かない舞台でどんどん情景が見え出し
観客でありながら登場人物と一緒に追体験をするように芝居がすすみつつ
観客として舞台を楽しめる。という、一粒で2度美味しい芝居でした

8年前の下見、6年前の港子ども劇場での例会、そして今回と3回観ましたが
ラストの遠吠えが初めて切なく聞こえて(^_^;) 満足しました。

芝居は満足だったけど、、、、、
片づけが終わって車に荷物を積み込む頃には、主催者が一人もいないのが不思議で????

結局、車が出る前に
会館の舞台スタッフの方が経費の確認で出てこられた(ついでに)
サヨナラと手を振られただけだったのが、ちょっと悲しかったです。

CAN青芸さんに晩ご飯をおごってもらったから言うのではありませんゾ

大阪の演劇祭って味気ない。と思われたら悲しいぢゃないですか
岸和田やタクトフェスが歓迎の心配りを感じる演劇祭なので、
どこもそうだと思っていたから、余計に驚きました

まあ、、、、
事情を知らない部外者が勝手な事を言っていたのならごめんなさい



今日は練習会の予定でしたが、お申し込みがなくて中止になりました。
というより、
先日から友人と、会いたいねと言いながらお互い日程が合わなくて
16日にお申し込みが無かったら、この日にしましょうと話していたので
中止もアリかな。などと不遜なことを考えておりました。。。

友人にチラシの点検作業もしてもらい、早速リニューアルの作業を始めることになりました(^_^;)

でも、久し振りで共同作業氣分を味わえて、嬉しかったな
劇場の機関紙を作っていた頃は、会議を繰り返しながら紙面を煮詰めていっていましたが、
今は一人の作業だから煮詰めるよりも煮詰まってくる←ウマイッ

またしばらくパソちゃんと向き合うけど 進化するためだもん。
がんばろ~~


【チラシ秘話】
今は違う言葉に変えていますが、チラシの中で最初、「あなたのヤル氣を応援します」と書いていた部分がありました

それをじっと見ていた相方が、
「僕はどうしたらアンタのヤル氣を応援出来るんやろ・・・・」と言ってくれます。
ありがた~い。と思って振り向きかけたら

「どうしたら、家の中を片づけよう!という氣にさせるように応援できるんやろ」
 そっちかいっ

まあ、もうしばらく待っててチョ えへへ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック