ほんのり幸せ

今日は着付けと舞の、Wお稽古日でした

朝8時過ぎから着物を着始めて9時に出発♪ 10時からお稽古開始。
一度着物を脱いで、一から着始めます。出来上がったら先生に見て頂き、アドバイスを忘れないようにして再度着付けを行います。

朝から3回も着付けをして、集中力が切れかかった12時頃にお稽古終了(^_^;)
その後は美味しいお茶を頂きながら、先生としばしお喋りタイム
30分~1時間後に、今度は徒歩20分で山村若隼紀師匠のお稽古場へ

緊張で顔が強張りながらお稽古を終え、お稽古の後はリラックスして笑顔で師匠とお喋りタイム
しかしこれは・・・・緊張と緩和の使い方を修正しなくてわ。。。ですなぁ

1月にみゆちゃんを連れてお稽古に行き、着替えが終わった時に
「あ!よっこちゃんのかみのけが おちてる」と言うので、沢山の人がお稽古に来てるのに、どうして私の髪の毛だって限定するんだよぉ
と言い返そうとしたら、「ホラ!これ」と1本見せて「かみのけ あかいもン」
 そ、そうなのね(・。・; 今度から氣をつけるわね
子どもって奴ぁは、まったく、、、、、真っ正直な生き物だぜぃ

ふふふ。。。
いやね、じつぁ昨日から「泣きの銀次」(宇江佐真理/著)を読み始めやしてね。
頭の中がちょいと、江戸前になっておりやすんでさぁ。へへ

宇江佐真理さんのデビュー作「幻の声―髪結い伊三次捕物余話」は、以後シリーズになりやしてね、これがまた一作ごとにいい塩梅になってるんでさぁ。
時代小説の担い手と云われるのが分かるほど、どんどん味が出てきた好きな作家さんなんでごぜぇやすよぉ。

江戸に行ったことはござんせんが、あっしも住人の一人になったような心持ちで、物語の中に入り込んでしめぇますのさ。

高田 郁さんと並んで、好きな作家さんでありんすわいなぁ


といった、
今日もとりとめもない、ほんのり幸せな一日でございました 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック