無事に終わりました\(^o^)/

第九回隼紀会新年会、おかげさまで無事に舞い終えました♪

前日の夜寝る前に、お稽古の動画を見ながら再確認をしていて、毎回のお稽古で注意されていた2ヶ所の意味が分かり(遅いよ(;一_一) )
氣をつけようと頭に叩き込み、全ての振りの意味を再度頭に叩き込み、と
普段ぼーっとしている頭の中が諸注意でいっぱいになったので、忘れないように直ぐに寝ました(^_^;)
当日は、はな美容室さんで薄幸の美女に作ってもらいテンションを上げて
本番に臨みました(*^^)v
画像
画像


舞台で舞いながらびっくりした事がありました、、、。扇を愛しい彼の残り香が残る枕に見立てて、優しくなぞり抱きしめて見つめ直す。という振りなのですが
袖で優しくなぞっていると急に愛しくなってきて抱き込むように扇を抱きしめていました。

振りがアヤシゲな部分は、やはりアヤシゲだったし(>_<。) 
しっかり頭に入っている部分なのにポカッと空白になって焦ったり
でも、あの愛しい氣持ちが湧いてきただけでも今回『淀川』を舞えて良かったと思いました

新年会が終わって宴会になった時、若隼紀師匠に
前日の夜にいつも注意を受けていた部分の注意の意味がやっと分かりました。あと、舞台の上で突然愛しさが湧いてきました^_^;  と話すと
「前日でも氣づいてくれてよかった~。終わってからやったら遅いもんね」と、いつもの笑顔で優しく言ってくださいました有難うございました 
進歩の遅い弟子ですが、次回もどうぞよろしくお願い致します おかげで美味しくお酒も飲めました

次回は8月27日(土)に国立文楽劇場で開催される、若隼紀師匠のお師匠様の
山村若佐紀師匠の浴衣会に出させて頂きます。

『藤音頭』という曲で、長唄「藤娘」の中で使われることがある曲だそうです。
まだ曲の全貌が分かっておりませんでしたが、若佐紀師匠が
「頭は結綿『ゆいわた)にして、袖も長くしましょな」と言ってくださって一氣にテンションが上がりました。 む、む、む、娘役ぢゃ

皆さま8月27日が空いてらしたら、ちょいと足をお運びくださいませね。
日が近づいたら、また改めてご案内させて頂きまする

新年会はみゆちゃんも出演しました
今回は『桜禿』という日舞の曲を落ち着いて上手に舞ってくれました 
舞台の写真を頂いたら、また見てくださいマセ
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック