「君がいるから」

突然ですが(^_^;)  
9月22日(日)大阪市港区で、CAN青芸さんの「君がいるから」という、お芝居を上演致します
港子ども劇場の運営メンバーに協力をお願いしたら、全員一致で協力しますよと返事をいただきました
そして、なんと実行委員会にも入りますよ。と言っていただき 
ただただ、もう感謝でございますm(_ _)m

上演が決まったのが4月末で、この頃には港区内の公共会場の申し込みは終了してます。6月1日に他の区にある市民学習センターの申し込みに行く迄に、私に順番が回ってくるようにと、
区民ホールのキャンセル待ちの予約をして レイキするけど、キャンセル待ちが回ってくる氣配は全くありません。。。。

レイキをして希望が通らない。ということは、きっと別の方法があるということだな・・・・と思っていたら

劇場の文化部会に出たあと、一緒にいた港子ども劇場代表のKちゃんに
会場が取れなくて  と話しをすると「弁天町駅前のアートホテル内にあるチェリーホールはどうですか?」と助け船が

詳しく教えてもらい、その足でホテルに行き、担当者の方に話しを聞いたら「今はまだ時期が早く仮押さえも出来ませんが、9/22は今のところは空いています」とのお返事で
ここが使えたら、泊まりも駐車も会場も全部同じ場所で、おまけに打ち上げのお店も揃ってる

使えるようにレイキしよう!と思う前に、運営メンバーのYちゃんがホールの利用について色々と段取りを付けてくれてトントン拍子に会場が決定しました

まるでココで公演をするのが決まっていたような展開です

一人でかかえていたら、この展開は絶対なかったな!と、改めて、みんなの協力のおかげに感謝しましたm(_ _)m

チラシや、他の劇場さんへ案内する挨拶文も作りましたが、久しぶりのことで(←また久しぶりだ^_^; )、色々と抜けてしまった部分を現役の運営メンバーたちが、しっかりとチェックしてくれて、ちゃんと意味の通る案内文(おいおい)が出来ました。

チラシも、私の頭の中だけで展開している部分を、細やかなアドバイスが次々に入り、これまた見やすいチラシに仕上がりました

実行委員のメンバーも、母たちだけでなく16・18歳男子たちもメンバーに入ってくれそうな勢いで、感謝の言葉しか浮かんできませんm(_ _)m

実行委員会だけでなく、私の友人たちにも声をかけ始めたら、「うん、いいよ。なるべく空けとくね」と言ってくれて、これまた感謝々々です

7月4日から配布するチラシ、先行放送・・・ぢゃないけど見てくださ~い♪
画像
データのままここに貼り付けられなかった(T_T) 
写真だから影が出てる。。。。

ま、そのうちあなたのお手元にチラシが届きますのでね~ うふっ。
もう9月22日(日)の予定は入れないでくださいよぉ!!!

開演は14時です














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック