今の感性を大切に♪

今日はノーベル遅番で。 食べる時間が無かったら(汗)と思ってお弁当持たずに、リンゴ1個だけ持って行ったら・・・・・
大阪市内はサミットの影響で休校・休園になる所が多く、依頼が少なかったです。
よかった、、、、、のか?

昼間はちょいバタバタとしていて 
こんな時は好きな音楽聞くのが一番

最近はブロックビーだな♪ お氣に入りは「Movie's Over」
なんと言ってもメロディが素敵で、日本語の歌詞が切なくて・・・・ 20代初めの男子が、こんな切ない歌詞を書くなんて。。。。と感心してたのですが、どうやら日本語の歌詞は日本人が意訳で作られたようで、韓国語の歌詞の訳は少し違っていました。

でもそれが分かって ある意味ホッとしました(^_^;)


元の歌詞はこんな感じ↓

僕が考えてた痛みより ちょっとまだ少ないみたい
遊びに出かけ 時間通りに眠りについて 綺麗な女の子たちと連絡をとる
それくらいの愛なんてやつが 僕を煩わせるわけがない
絶対ない 絶対ない もう君は消し去った
(wow・・・)
中略
Movie's over 映画は終わったよ
扉が開いて そのまま幕が降りたんだ
Don't make it bad oh girl どうか出て行ってくれ
夢のような話
ここまでで縁はおしまい It's over
(以下略)

意訳はコレ↓
目が覚めたとき君が 隣にいない朝 
かなり快調 調子まで最高 やっぱり離れてよかった
君を想うだけで 息もできないなんて 
ありえないし もう既に 君は消去ずみ
(wow・・・)
中略
Movie's over ラブストーリーの終了
幕は下りたのさ 出口へ向かおう
Bye bye good bye bye
don't make it bad oh girl
素敵な人よ
夢の世界
これがもう結末だな It's over
(以下略)


この意訳がまたメロディによく乗ってるんですよ~
でね、何がある意味ホッとしたのかというと

20代初めのジコ(←作詞作曲者)が、20代の若い感性を持っていたってことにホッとした。
若くても切なさを味わうことはあるし表現も出来るだろうけど、感性ばかり研ぎ澄ますのは如何なものかと思うのです。

10代には10代の、20代には20代の、その時代にしか味わえない感情があって、それを味わっていないと、実感の伴わない感情 というか、知ったかぶりの感情や感性で人と向き合うことになるから、コミュニケーションを取るのが嫌になる。または、ホンネを出さずに、いや、自分のホンネも知らずに人と向き合うようになっていくのじゃないかな と思うのです

子ども時代には、子どもの痛みや喜びなどの感情を味わいながら表現し、感性を育てていってほしい♪ それを味わっているから、
おとなになったときに子どもにアドバイスが出来る と思うのです。
そして40代には40代の、50代には50代の、800歳代には800歳代の、感性を育てていこうじゃないか


ジコが 出来杉くん ぢゃなくて、よかった~

私は只今、歌えるように一生懸命練習中です うふっ。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック